« コントロール | トップページ | 従業員との請負契約 »

2005年9月14日 (水)

時間の感覚

今日は、妹が事務所の用事で山口県まで出張。
岸和田のだんじり祭りは、幼稚園まで休みにしてしまいます。でも、仕事より祭りを優先するのは、地元の人の中では当然のことらしいです。

山口には旅行がてら自分で行ってくるつもりだったのですが、「時間がもったいない」「その間にどれだけの仕事ができる?」と言われ、それもそうだなと思ってお願いしました。時間の感覚って、人によって全然違うと思いますけど、無駄にしないようにと気をつけなければ、どんどん時は過ぎていきます。それに、旅行で新幹線に乗るのと、仕事で乗るのとでは、気分的に違いますし。

ちなみに、お客さんに「大至急!」と言われると、私の頭の中では「今すぐ?」と反応しますが、その大至急が「今週中に」という意味だったり、別に急いでないけど何気なく言われる言葉だったりします。司法書士はせっかちな人が多いと思いますが、「急ぎ」と言われると結構なストレスになりますから、あんまり急かさないで、という感じです(もちろん、本当に急ぐべき仕事ならそれを伝えてもらわないと困りますが)。

|

« コントロール | トップページ | 従業員との請負契約 »

司法書士の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時間の感覚:

« コントロール | トップページ | 従業員との請負契約 »