« 相談者の人柄 | トップページ | 使途不明金 »

2005年8月20日 (土)

報酬のとらえ方

昨日の続きです。

私自身、「弁護士費用は高い」と思い続けていました。
でも、自分が独立したからなのか、従業員を雇ったからか、忙しくなったからか、その理由はわからないのですが、いつの間にか「決して高くはない」と思えるようになりました。昨日も、「弁護士さんにお願いすると、私よりも30万円位高くなるかもしれない。でも、そけだけお支払いする価値は必ずありますから」と相談者にお話ししました。

でも、家に帰って妹にその話をすると、「それは自分が普段受けているからそう思えるのであって、普通の人はそんな考え方はできない」と言われてしまいました。確かにそうかもしれません。

私自身、時給1万円を目安に仕事をしています。
「高い」と思われるかもしれません。でも、そこから家賃を払って、給料を払って、その他もろもろの経費を払って、残ったお金がはじめて自分の手取分。そこから税金もたくさん持っていかれますし、何かあった時のために当然蓄えも必要。毎日毎日ストレスを背負いながら、勤務時間外でも勉強しています。それを考えると、それなりの報酬を請求させてもらわないと、割には合わないことになります。

|

« 相談者の人柄 | トップページ | 使途不明金 »

司法書士という仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53075/5552530

この記事へのトラックバック一覧です: 報酬のとらえ方:

« 相談者の人柄 | トップページ | 使途不明金 »