« 保険の解約返戻金 | トップページ | 人とのご縁 »

2005年7月 7日 (木)

判断ミス

過去に任意整理をした人から相談。
ある先生に破産を頼んだところ「破産はできない」と言われ、親子で月20万円の返済をしてきたということです。普通の会社員で、月10万円の返済は無謀です。その結果、残りの家族2人が借金で火だるまになってしまいました。自分ではカードを作れないから、家族のカードで借りて返すしかなかったわけです。明らかな判断ミスだと思われます。

実務上、余程の事情がなければ「免責が下りない」ということはありませんから、「破産ができない」のではなく、「ウチでは引き受けられない」と正直に言ってあげれば、まだ救われたのではないでしょうか。

司法書士の仕事は、条文で定められていることもあり、「依頼を断ってはいけない」というのが建前論ですが、それが必ずしも依頼者のためになるとは限りません。頼もうとしている先生が、その仕事を苦手としているかもしれませんし、お互いに信頼関係が築けなければいい仕事ができるわけないのですから、他の事務所を探す選択肢を与えてあげるのも、時には必要なのではないかと思います。

|

« 保険の解約返戻金 | トップページ | 人とのご縁 »

司法書士の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 判断ミス:

« 保険の解約返戻金 | トップページ | 人とのご縁 »