« 開業3周年 | トップページ | パソコンの停止 »

2005年7月 4日 (月)

お金のトラブル

今日は、個人再生の申立が1件。個人再生の受託も1件。
自己破産の打ち合わせが1件と、債権回収の打ち合わせが電話で2件。

常日頃から、払えない側の立場に立って仕事をしていますので、「お金はない」と言っている人からどうやって債権を回収するかというのは、余計に難しいテーマだと感じます。(貸金業者ではない)債権者の人から見ると、「銀行口座を差押さえすれば」と考えるわけですが、残念ながら、支払いを滞る人の口座に大金は残っていません。

「裁判したら払うのでは」と考えて裁判するとしても、居直る人は居直ります。
職場がわかっていれば、給料の差押さえはしやすい手続きですが、退職されてしまうとお手上げです。お金に困っていない人の「常識」というのが、残念ながら通用しませんから、債権者側には余計にストレスが発生することになります。

自分自身、トラブルに巻き込まれないよう、気をつけないといけませんね・・・。

|

« 開業3周年 | トップページ | パソコンの停止 »

司法書士の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お金のトラブル:

« 開業3周年 | トップページ | パソコンの停止 »