« 微妙な心理 | トップページ | クレサラ事件の統計 »

2005年7月21日 (木)

自動振替と銀行振込

債権者と和解をして、「支払は便利な自動振替で」ということで書類をもらい、債務側に送ったところ、「振込みにして欲しい」ということでした。「どうしても自動振替が嫌なら直接相談して下さい」と伝えましたが、銀行振込と自動振替では、どっちが「お得」でしょうか。

どうでもいい話と言われればそうなのですが、例えば、毎月の光熱費を自動で振り替えるか、コンビニで支払うか。お金の「管理」という面から考えると、全然違ってきます。しかも、コンビニで支払って、領収書を丸めて捨ててしまうようでは、家計をきちんと把握することはできません。

「生活に困っている」と言いつつ、時間外手数料を取られるのを承知で、毎日のように口座からお金を引き出していたり、自分の口座に入金するためにわざわざ他行から振込みをしたり、余計な支出をしている人が結構多いです。

でも、「生活費はこれだけ」と決めて財布に入れておけば(もちろん給料を全部使ってしまったらダメです)、銀行に行くのは月1回で済みます。それに、銀行で取られる「手数料」ほど、もったいないものはありませんから。

|

« 微妙な心理 | トップページ | クレサラ事件の統計 »

司法書士の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自動振替と銀行振込:

« 微妙な心理 | トップページ | クレサラ事件の統計 »