« 雇用するとき | トップページ | 結論を出すこと »

2005年7月10日 (日)

雇用するとき2

昨日の続きです。

「事務員に頼める仕事がない」(だから、人を雇っても意味がない)ということを、言われる人も多いです。でも、我々は資格試験に合格しているだけで、特別に優れた事務処理能力を持っているわけではないでしょう。だから、自分はできるけれども、事務員にはできないと決め付けてしまうのは、間違いかもしれませんね。

私も、何でも自分でやらなきゃ気が済まない人間でした。間違われると困りますから。
でも、仕事が増えているのに、全部を抱え込もうとしても、自分がしんどいだけです。一人でできる仕事量なんて、限られているわけですから。今では、二人がいてくれないと、私一人では何もできない人になってしまいました。

最初は、自分がやった方が早いと思うことでも事務員に任せて、その中で育てていく。その中で、各々の力を組み合わせて、「組織」として動かしていかなければなりません。試行錯誤の繰り返しですが、簡単ではないことだからこそ、事務所経営は面白いものだと思います。

|

« 雇用するとき | トップページ | 結論を出すこと »

事務所経営論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53075/4908570

この記事へのトラックバック一覧です: 雇用するとき2:

« 雇用するとき | トップページ | 結論を出すこと »