« 忙しい中 | トップページ | 運転再開 »

2005年6月18日 (土)

我が身を守る意識

人間は弱い生き物なので、ついつい我が身を守ろうとする意識が働きます。
借金が返せなくなって切羽詰まった時、「不動産だけは残したい」「車がないと生活できない」「生命保険を解約すると将来困る」「家族にばれるのは嫌」と、今の生活を変えることなく、借金だけをなくす方法はないかと考えてしまうんですね。追い込まれているはずなのに。

追い込まれているからこそ、現実逃避の意識が働くのかもしれませんが・・・。

でも、支払日を何とか切り抜けようと、新しい借金をしてその場をしのいできた今までの延長線上で物事を考えていると、何も解決しないんじゃないでしょうか。

不動産も車も残せる余地があるなら、依頼者の意向に沿った方法に導くように心掛けていますが、どうも車を守ることにこだわる人が多過ぎるように思います。自己破産や個人再生の場合、ローンで車を買っていると債権者から引き上げされてしまうためですが、それが原因で法的な整理をためらっている人が、かなりおられるようです。

でも、元々自分の資力以上の家に住んで、贅沢品である車にも乗らせてもらっていたわけですから、それは取られても仕方がないと、割り切ることも必要なんじゃないでしょうか。プライドを捨てて、手遅れになる前に、早目に相談して欲しいと思うことがあります。

|

« 忙しい中 | トップページ | 運転再開 »

お金の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が身を守る意識:

« 忙しい中 | トップページ | 運転再開 »