« 温度調節 | トップページ | 業者事件 »

2005年6月22日 (水)

復活の理由

昨日の「ガイアの夜明け」で、「町の電器店 復活の理由」という話題が取り上げられていました。シャッター街と化する商店街の中で、独自の方法で売り上げを伸ばそうとしている店の話です。

私も、電化製品の他、日用品・食料品でも、買い物をする時は、品揃えが豊富な大きな量販店・スーパーでします。文房具も、カタログで選べて、すぐに配達してくれるアスクルかカウネットです。財布の中身が寂しいから「買い控える」のではなく、「他の方法で買う」という選択肢がある以上、商店街がさびれていくのは決して不景気だけが原因でないわけですが、何もしなければただ沈没していくだけです。

小さな組織には、それに応じた戦略が必要。
テレビ用のシーンとはいえ、安い電球を自宅まで届けに来たついでに、エアコンの契約を取ってしまうのですから、見ていて痛快でした。ただ単に安くしたり、身勝手なお客さんに振り回されたりするだけなら、商売が下手なだけですからね。

お客さんにとって必要な存在になって、「この人が勧めるなら大丈夫」と思ってもらうことが大事なのは、どんな業界でも同じなのかもしれません。

|

« 温度調節 | トップページ | 業者事件 »

事務所経営論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53075/4662852

この記事へのトラックバック一覧です: 復活の理由:

« 温度調節 | トップページ | 業者事件 »