« 衣替え | トップページ | 問題解決 »

2005年6月 2日 (木)

「つぶす社長」

昨日は、たまたま本屋で見つけた「採用の超プロが教える 伸ばす社長つぶす社長」(安田佳生著 サンマーク出版)という本を買って帰りました。自分が「つぶす社長」に当てはまったらどうしようと、ちょっと不安になりましたが、なかなか面白い内容した。

『多くの社長はいまの状況に「不況だ」とか「国の政策が悪い」と文句を言うが、社長がきちんとした経営をしなければ会社が成り立たないという、いまの日本の状況のほうが当たり前なのだ』(以上、引用です)

でも、業績が悪いのを景気のせいだと本気で思い込んでいる人が多いのも事実です。
トップの考え方が間違っていたら、従業員を幸せにできるはずもありません。トップの考え方が間違えていることを、従業員が気付いていたら(でも、トップはそれに気付いていない)、もっと不幸なことですね。

組織をつぶさないのは当然のこと。
自分の部下から、「こいつの下ではやっていけない」と、後ろから指を指されることだけはないようにしたいものです。

|

« 衣替え | トップページ | 問題解決 »

事務所経営論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53075/4381791

この記事へのトラックバック一覧です: 「つぶす社長」:

« 衣替え | トップページ | 問題解決 »