« 分業制 | トップページ | クイックマッサージ »

2005年6月28日 (火)

契約のノルマ

今日は、決済の事前準備。
買主の社長が、銀行の人の言われるままにサインしていくのを見ていたのですが、「先生も口座作ってもらえます?」と言われるので、「いいですよ」と。ところが、複写になっていて、下からカードローンの申込書が登場しました。

「カードローンは勘弁して」と言ったのですが、「すぐに解約してもいいので、お願い」と言われたら仕方がない。聞けば、契約のノルマがあるそうで、その件数を聞いて驚いてしまいました。銀行員さんも大変です。

今月中に申立できるかどうか、ぎりぎりの状態にあった破産事件が5件程あるのですが、それぞれわずかに書類が足らず、出せそうなのは1件だけです。一人は、何度電話しても出てくれずお手上げ。真面目な人だったのに、どうしてしまったんでしょう?

「今月出せますか?」と毎日のように電話をしてきた債権者に、「明日出せます」と伝えると、「あー、よかった」と安心していたそうです。無茶を言ってくる業者もありますが、みんな、社内での立場もあるのだと思います。ですから、債務者側も自分の立場をわきまえないとダメですよ。

|

« 分業制 | トップページ | クイックマッサージ »

司法書士の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 契約のノルマ:

« 分業制 | トップページ | クイックマッサージ »