« どちらが苦しいか | トップページ | サービスの中身 »

2005年6月11日 (土)

従業員の心理

昨日は、法律事務所や司法書士事務所の方々と食事に行きました。

事務所によってメインにされている仕事は違いますが、それぞれ忙しくされているようです。ある事務所では「毎日夜8時まで残業」という話を聞いて、大変だなぁと思いましたが、事務員さんに負担を掛けていることに対して、先生は心のケアをしてあげないといけませんね。「残業手当払っていればそれでいい」という考えもあるでしょうけど、先生に対して不満を抱えたまま、自分の時間を犠牲にするのは誰だって嫌ですから。

私の事務所では、2人とも「HPをこう変えたほうが」とか、「こうしたら仕事が増えるんじゃないですか」とか、聞かなくても自分の意見を言ってくれます。不満を完全に無くすことはできないでしょうけど、従業員に「仕事が増えたらうれしい」と思ってもらえるのは、経営者としてとても幸せなことだと思っています。教育して身につく考え方ではないですからね。

|

« どちらが苦しいか | トップページ | サービスの中身 »

事務所経営論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53075/4509687

この記事へのトラックバック一覧です: 従業員の心理:

« どちらが苦しいか | トップページ | サービスの中身 »