« ラスト1週間 | トップページ | 契約のノルマ »

2005年6月27日 (月)

分業制

いつもは任せている登記申請書の作成作業を、この時間まで一人でやっていると、自分一人の力って無力なものだなぁと感じます。ソフトを使えば便利なはずなのに、使い方がよくわからないので、とりあえずワードで仕上げてしまいました。30過ぎたばかりなのに、事務所にあるコンピューターの使い方がわからないとは、みっともない話です。

でも、ミスをなくす手段として、作業工程を分業化するというのは、結構効果ありだと思います。自分で作っていたら気付かないことでも、他人の間違いって気付きやすいですからね。ですから、普段は完成した申請書しか目にしないようにしています。

今日も、いろんなことがありました。
自己破産の書類作成を1件受託。打ち合わせが2件で、3時間以上を費やしました。電話もたくさん掛かってくるのですが、「○○の費用はいくら?」という電話には対応してられないので、ごめんなさい。「HPを見て下さい」という対応は冷たいとは思いますが、電話に出る事務員には報酬の決定権がありませんし、値段で選んでもらうつもりもありませんので。それに、登記の仕事は、「資料を見せてもらわないと答えられない」というのも正直なところです。

|

« ラスト1週間 | トップページ | 契約のノルマ »

司法書士の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分業制:

« ラスト1週間 | トップページ | 契約のノルマ »