« 復活の理由 | トップページ | 権利証の紛失 »

2005年6月23日 (木)

業者事件

今日は、9時から打ち合わせ。10時に一日早く給料支給。11時に堺簡裁で訴訟。13時半と15時に打ち合わせ。15時半に初回相談。17時半に打ち合わせ。かち合わないかとヒヤヒヤしながら、なかなかハードな一日でした。これから、散乱した書類の整理です。

11時からの法廷では、前の事件が詰まっていたので、しばらく傍聴していたのですが、ほとんどが信販会社が原告となる業者事件で、被告欠席のまま次々と判決が下りていきます。言い分に争いがなく、被告に支払能力がないだけというパターンですので、訴えられたほうは放置してしまうわけですが(裁判所から書類が届いても、開封すらしないという人も多い)、判決ってこんなに軽いものなんだろうか、と違和感を感じました。

それにしても、法廷の中が過剰冷房で寒かった。
スーツの上に黒服を着ている裁判官に合わせているからでしようか。ラウンド法廷(裁判官と原告被告が同じテーブルに座る)でしたので、司法委員さんの一人も、上着なしで半袖のカッターシャツという軽い服装だったんですけど。

|

« 復活の理由 | トップページ | 権利証の紛失 »

司法書士の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 業者事件:

« 復活の理由 | トップページ | 権利証の紛失 »