« 設定契約書 | トップページ | 開業資金 »

2005年6月14日 (火)

ポイントカード

事務員にポイントカード(クレジット機能なし)とお金を預け、家電量販店にソフトを買いに行ってもらったのですが、「4月から法律が変わって、本人以外は使えない」とのこと。その法律って、個人情報保護法のことでしょうか?

確かに規約を見ると「利用は本人に限る」と書かれていますが、「カードの提示をもって本人と判断します」とも書かれています。

いちいちレジで本人確認をするわけありませんし、カードを作る時も身分証明書を見せていませんから、カードの名義人自体が架空かもしれません。たまたま性別が違ったから引っ掛ける(こないだは別の店舗で何も言われなかった)というのも解せませんし、レジの画面に、性別の判断の元になる名前が表示されているかもしれない(もしかしたら住所や生年月日も?)、ということのほうが恐いと思います。

補助者証を見せて「従業員です」と言ってもダメだったそうです。

法律の使い方って難しいですね。
私たちも依頼者に説明するとき、「法律がこうなんだから」ではなく、その理屈まで伝えて理解してもらえるよう配慮しないといけない、ということを実感しました。相手が疑問に思っているのに、「法律で決まってるから」の一言で終わらせてしまったら、相手は納得してくれませんから。

|

« 設定契約書 | トップページ | 開業資金 »

司法書士の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポイントカード:

« 設定契約書 | トップページ | 開業資金 »