« 自己PR文 | トップページ | 提案書完成 »

2005年5月28日 (土)

銀行だから安心?

26日の読売新聞朝刊に、「三井住友フィナンシャルグループは、従来とは違う顧客層に手を広げるため、傘下に収めた消費者金融大手のプロミスなどと消費者ローンを共同ではじめ・・・」(以上、引用です)という記事が載っていました。

すでに周知の事実ですが、「従来とは違う顧客層」とは意味深な表現です。
5000億円が貸付残高目標というのですから、一人平均50万円としても、100万人。巨大銀行がコマーシャルを流してまで「借りてくれ」と言っているわけですから、長い目で見ると、世の中にも何らかの影響が出るはずです(もちろん悪い面で)。

借りたい人がいる以上、これも、ひとつの「サービス」なのかもしれません。
資本主義の世界ですから、強い者が笑って、弱い者が脱落するのも、当然のことなのかもしれません。でも、公的資金を受けた金融機関が、今度は、国民のお金を吸い上げようとしているわけですから、とても恐ろしい話だと思うのです。

国民に、お金に関する教育、情報は行き届いていません。
「銀行だから安心。お金って簡単に借りれるものだ。」という意識を持つ人が今以上に増えてしまうと、多重債務者が減ることはいつまでたっても期待できなくなります。

|

« 自己PR文 | トップページ | 提案書完成 »

お金の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀行だから安心?:

« 自己PR文 | トップページ | 提案書完成 »