« 非難されるべき人 | トップページ | 売買契約に立ち会って »

2005年4月22日 (金)

不動産担保ローン

相談を受けてから9ヶ月。やっと、根抵当権抹消登記が完了しました。

ヤミ金まがいの小さな貸金業者から、自宅に根抵当権を付けられていた案件です。
履歴の開示請求をしても、先方は「残金30万円返さないと抹消書類を出さない」の一点張り。幸いにも、手元の資料から過払いである可能性が高かったため、債務不存在確認の訴訟を起こすことにしましたが、抵当権ではなく根抵当権であったことから行き詰りました。根抵当権の場合、抵当権と違って、担保されている債権を完済していても、抹消登記の請求ができません。

結局、判例も見付けることができませんでしたが、内容証明で元本の確定請求をして、「元本確定日に被担保債権が存在しなかったのであるから、根抵当権は消滅しており、根抵当権の抹消登記手続きを請求できる」という理屈で戦うことにしました。裁判所も何も言わずに通してくれ、相手方欠席で無事に判決です。

一般の消費者金融でも扱っている不動産担保ローン。
まとまった金額を貸してくれますので、借りるときは「助かったー」という一心だと思いますが、「返済が滞ったら家を売って回収して下さい」という契約ですから、大変危険なのです。

|

« 非難されるべき人 | トップページ | 売買契約に立ち会って »

司法書士の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不動産担保ローン:

« 非難されるべき人 | トップページ | 売買契約に立ち会って »