« 銀行と消費者金融の関係 | トップページ | 人間の味覚 »

2005年4月19日 (火)

法務局からの電話

先週木曜日(14日)の夕方6時(本来なら法務局は閉まっている時間)に、「これから見ますから」と法務局からわざわざ電話があった不動産登記事件。今日も、「完了しました」と、また電話が入りました。登記法改正の影響で、完了まで時間が掛かっている(法務局によっても違うようですが)ことに、法務局側も気にしてくれているようです。

以前は「登記完了の確認をお願いしたいのですが」と電話しても、「ウチはやってません」と突っぱねられたり、補正があっても電話で知らせてくれないこともありましたが、法務局の対応も随分やさしくなったものです。

今日は、堺東の司法書士裁判手続相談センターの当番でした。
「世間話をしに来るのは勘弁して」と言いたい案件もあったのですが、ご本人にとっては重大事なのだと思います。あれやこれやと話題を変えながら、延々と話し続けられるのを遮るのには一苦労。さすがに耐え切れなくなって、最後は私から席を立ってしまいました。どうも、寂しさを紛らわすために、何度も来られているような口ぶりでした・・・。

|

« 銀行と消費者金融の関係 | トップページ | 人間の味覚 »

司法書士の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法務局からの電話:

« 銀行と消費者金融の関係 | トップページ | 人間の味覚 »