« 通勤ラッシュ | トップページ | 事業と借金 »

2005年4月 9日 (土)

きれいごと

ライブドアとフジテレビの問題は、表向き膠着状態のようです。
「ホンエモン頑張れ」という世論も、「大人のソフトバンク」が顔を出してからは、「やっぱりやり過ぎだったんじゃないか」という方向に流れた面もあったと思います。

でも、「メディアの公共性」「メディアは金儲けの場じゃない」なんていうのは、多分きれい事でしょう。そもそも、スポンサーがいなければ番組も作れません。今は、幼稚園児でも消費者金融のコマーシャルのフレーズを口ずさむ時代です。批判されながらも消費者金融のコマーシャルを流し続けているテレビ局に、きれい事を言う資格はないでしょう。ここまで多重債務者が増えてしまった裏には、メディアにも相当な責任があるはずなのです。

利益が上がらなければ株主に配当を出せないどころか、従業員の給料も出せません。それは、どんな組織でも同じじゃないでしょうか。他人に迷惑を掛けてまで利益を追求するのはいけないでしょうが、「お金儲けがいけない」という考え方もどこかおかしいと思います。みんな、何を目的に事業をしているのでしようか。

「青少年を悪から守る」という看板を掲げていた宗教団体が、とんでもない事件を引き起こしました。「金儲けを批判する人間が、実はお金に汚い」という考え方は、一理あると思っています。

|

« 通勤ラッシュ | トップページ | 事業と借金 »

世の中の話」カテゴリの記事

渋沢栄一さんの考え方に触れて(2021.04.14)
責任者として守るべき存在がある(2021.04.10)
下の人は意外な程見ているもの(2021.01.16)
新型コロナウイルス素人の雑感13(2020.12.27)
新型コロナウイルス素人の雑感12(2020.11.29)

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きれいごと:

« 通勤ラッシュ | トップページ | 事業と借金 »