« お札の厚み | トップページ | 2冊の本から学べること »

2005年3月 5日 (土)

意識の持ち方

受験勉強をするにあたり、事務員に話をしたことがあります。
「頭がいいから合格する、頭が悪いから落ちる」という考えは間違いだよ、と。人間には能力の差というものが存在するのかもしれませんが、意識の持ち方と努力を積み重ねることで、ある程度は変われると思うのです。

司法書士試験も難関試験の一つですが、勉強を始める時に「きちんと勉強すれば受かる試験」だと聞きました。実際、その通りでした。でも、何年勉強しても受からない人がいる理由は、多分、その「きちんとした勉強」の方法に気付けないからだと思います。多くの受験生の人と一緒に仕事をしてきましたが、合格までたどり着いたのは一人(彼は相当な努力をしたはず)だけです。傍から見ていると、みんな「絶対に合格する」という気持ちを持って、勉強しているようには思えませんでした。

自分の事務所を持つようになって気付いたことですが、商売も全く同じことだと思います。「どうすれば利益を残せるか」を考えるのは、「どうすれば合格できるのか」を考えることと同じこと。「試験が難しいから」「記憶力が悪いから」と言い訳する受験生は、何も考えずに「不景気だから・・・」と言い訳して逃げている経営者と同じことだと思います。

|

« お札の厚み | トップページ | 2冊の本から学べること »

受験勉強の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意識の持ち方:

« お札の厚み | トップページ | 2冊の本から学べること »