« ひとつの課題 | トップページ | 男が捨てられる時 »

2005年2月 7日 (月)

荒れた事件の背景

新聞を見ていると、強盗、詐欺、殺人と荒れたニュースが目につきます。
「一部の人の問題だ」と片付けることができるなら簡単ですが、おそらく違うでしょう。なぜかラッシュ時に多い電車のダイヤの乱れ。その理由が「人身事故」だと発表されても、詳しい話は表に出てきません。しかし、自殺も多く含まれているはずです。それらの事件の裏には、「お金」の問題が根強く横たわっていると思います。

一方、最近問題になっている大阪市や社会保険庁の無駄遣いは本当にひどい話です。でも、他の役所は何も問題がないんでしょうかね。他人のお金ですから使い放題。我々が支払った税金や社会保険料を、私欲のために使い続けられているわけですから、もっと厳しい目を向けられてしかるべきです。NHK上層部の報酬や退職金の額を見ると、あきれてしまいます。

今後、国や行政はさらに庶民のお金を吸い上げていきます。
吸い上げたお金を我々のために工夫して使ってくれるのならいいですが、それも期待できません。お金に困っている人が増えていく中で、役所が無駄遣いしているわけですから、こんなおかしな話はないですよね。お金については、自己管理を徹底したいものです。

|

« ひとつの課題 | トップページ | 男が捨てられる時 »

世の中の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荒れた事件の背景:

« ひとつの課題 | トップページ | 男が捨てられる時 »