« 仕事の相手 | トップページ | 振込手数料 »

2005年1月27日 (木)

トップの頭脳

今日は、いつもお世話になっている会社に寄って、奈良の法務局まで登記申請。
本題は1分位で終えて、30分程社長と雑談をしていたのですが、「何社くらいあるんですか?」という質問に「わからない」と答えられるほど、いろんな会社を動かされている方です。歳は、私と2つしか変わらないのですが、儲かっている会社の社長の頭脳は、私とは比べ物になりません。

自分が尊敬できる人に対しては、私から「何かを聞きだそう」とします。
話の流れで、「こんなふうにしたらどう?」と、私の事務所のことでいろんな知恵をもらったのですが、短い時間の中で次から次へとアイデアが出てきます。「そんなことしたら、司法書士会ににらまれますよ」と私が答えた程大胆なことも言われましたが、そうやって自制心を働かせる私の考えも遅れているのでしょうか。

経営の基本的なシステムは、会社でも司法書士事務所でも変わりません。
目的も同じです。結局は、他所と同じことをしていたらダメだということですね。成功するか否かのカギは、トップに立つ人の頭脳が握っているのだ、ということもよくわかりました。

|

« 仕事の相手 | トップページ | 振込手数料 »

司法書士の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トップの頭脳:

« 仕事の相手 | トップページ | 振込手数料 »