« 夢と現実 | トップページ | 歯医者で感じたこと »

2005年1月24日 (月)

報酬額の違いについて

昨日、「行列のできる法律相談所」を見ていたら、弁護士費用の話題が出ていました。
そこで、「安い弁護士がいいとは限らない。でも、高い弁護士がいいとも限らない。」という話が出ていましたが、報酬基準も撤廃されたため、司法書士も自由に報酬額を決めることができるようになっています。

ところが、その事務所がHPにでも載せていない限り、外部からは料金体系がわかりませんから、依頼者にとっては頼みづらい要因のひとつになっていると思います。料金は、その先生の考え方や、仕事の量によって決まってくるのでしょう。仕事が殺到している忙しい事務所が値段を下げると、余計に仕事が増えてパンクするはずですから、「高い事務所がダメだ」ということにはならないわけですが、それを依頼者の立場から見分けるのは大変かもしれません。

ウチの報酬は、安いとも高いとも思っていませんが、債務整理の費用を「分割OK」と広告することはありません。「分割払いを認めるのがいい司法書士だ」という考え方からすると、私は「悪い司法書士だ」ということになりますが(実際には分割は絶対ダメだという対応はしていませんが)、「分割OK」という広告の意味合いも、一度考えてみて欲しいと思います。

|

« 夢と現実 | トップページ | 歯医者で感じたこと »

事務所経営論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53075/2677899

この記事へのトラックバック一覧です: 報酬額の違いについて:

« 夢と現実 | トップページ | 歯医者で感じたこと »