« ブログの反応 | トップページ | クレサラに専念の日 »

2005年1月18日 (火)

事業をたたむ勇気

昨日テレビで、芸能人が破産した話を、面白おかしく取り上げていました。そこで、出演者が「経営者はバンザイしてはならないんですよ。責任背負っているんですから。」とコメントをしていました。正論だと思います。私も、二人の従業員を抱える身として、同じように思っていますから。

しかし、すでに破綻した組織についても、同じでしょうか。
運転資金が足りないからとサラ金から借りる。もちろん、経営者本人の給料は出ないので、それもサラ金から。身内や友達からもお金を借りる。でも、従業員の給料は遅配。取引先にも未払金が・・・。客観的に見れば、いくら頑張っても利益が出ない状態に陥ってるわけですから、一日も早く見切りをつけるべきなのです。

「そんなことしたら、みんなに迷惑が掛かる」
その一心で続ける人が多いはずですが、その借金、どうやって返せるでしょう。無理に続けていても、どんどんと迷惑を掛ける人を増やすだけではないですか。事業をたたんでアルバイトでもしたら、少なくともプラスの収入が入ってくるわけですから。

商売がうまくいかないなら、サラ金から借りる前に、その原因を追求しましょう。
不景気だから・・・と言いたくなる気持ちはわかりますが、それだけではないはずです。

|

« ブログの反応 | トップページ | クレサラに専念の日 »

お金の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事業をたたむ勇気:

« ブログの反応 | トップページ | クレサラに専念の日 »