« 職域について | トップページ | ブログの反応 »

2005年1月16日 (日)

車は必需品?

自宅の転居に伴って、電車通勤に変えてから1ヶ月が経ちました。
事務所で車庫証明を取っていますので、1週間のうち4日は事務所近くの駐車場に置きっぱなし。毎日乗らないようになると、車は生活必需品ではなく、贅沢品であることに気付きます。

開業してから1年半は、毎日自転車で通勤していました。当然、冬は寒いし、夏は汗だく。でも、その時の自分の収入を考えると、車を乗り回す資格はないと思っていたのです。

購入価格150万円の車に5年間乗るとしますと、1ヶ月あたり25,000円の計算になります。これに、駐車場代(駅前なので高い)と保険料、ガソリン代で月35,000円掛かるとしますと、車のために必要な固定費は月あたり6万円です。では、車で行くほうが便利な法務局やお客さんの会社、ちょっと遊びに行く時にタクシーを使うとして、タクシー代で月6万円必要なのかと考えたら、おそらくタクシー代のほうが安く済むと思うのです。

収入に見合わない車は買わない。ローンで車は買わない。生活に困ったら、まずは車を手放して節約する。生活が苦しいと感じた時、車が本当に必要なのかどうか、一度考えてみて欲しいと思います。

|

« 職域について | トップページ | ブログの反応 »

お金の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車は必需品?:

« 職域について | トップページ | ブログの反応 »