« 家族と家族の借金の問題 | トップページ | 職域について »

2005年1月14日 (金)

「絶対に迷惑を掛けないから」

今日、今年はじめて自己破産の申立をしました。

昨日の話の続きになりますが、ご自身の負債(未払金)は、わずか2万円弱。
他は、身内の保証債務です。保証債務も借金には違いありませんが、気の毒な案件でした。

「突然保証人を付けるように言われたんです」という話(大手の消費者金融はないと思いますが)は時々聞きますが、信用情報をチェックしていて、業者側としても危険を感じることがあるのだと思います。すぐに強制執行をできるように、公正証書を作らせる業者もあります。

「一括返済か保証人を付けるか」を迫られると、やはり債務者本人としては、その場をしのぐ方向を選びますから、「家族を保証人にさせる」という形で被害を拡大させていくことになります。自分の借金を返すために、家族名義で借金をさせている方も多いです。その場は逃れることができるでしょうが、家庭が崩壊してしまう前に、できるだけ早く気付いて欲しいです。

「迷惑を掛けると思う」と言って、保証人にさせる人はいないでしょう。
なので、「絶対に迷惑を掛けない」という言葉は信用してはならない、ということです。

|

« 家族と家族の借金の問題 | トップページ | 職域について »

お金の話」カテゴリの記事