« 事務所荒らし | トップページ | おまとめローン »

2004年12月20日 (月)

「ウソつき」という指摘

9月に受けた任意整理の代理人を辞任しました。
弁護士さんの辞任後に私が引き受けましたので、この依頼者は同じミスを2回繰り返したことになります。

「どのように返済するのか」と約2ヶ月前から問いかけていたのに、そのまんま。先々週にはじめて「辞任」という言葉を出して警告しましたが、先週の約束も体調不良を理由に来てもらえませんでした。体調不良が本当なら酷かもしれませんが、例え事実だとしても、時間が掛かり過ぎ。債権者から届いた「その人はウソつき」という自筆の手紙も読むと、どうも信用できなくなりました。

裁判関係の仕事は、登記の仕事以上に信頼関係が大切です。
もしかしたら、「ウソつき」という話もウソなのかもしれませんが、何が正しいのかを見極める力を養わないと、いつか依頼者に思いっきり足元をすくわれることになるんじやないかと、最近そんなことを感じています。

|

« 事務所荒らし | トップページ | おまとめローン »

司法書士の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ウソつき」という指摘:

« 事務所荒らし | トップページ | おまとめローン »