« 忘年会 | トップページ | 熱海で感じたこと »

2004年12月28日 (火)

今年を振り返って(2)

HPの「クレサラ事件統計データー」を更新しました。

各方面で言われていることですが、やはり私の事務所でも自己破産の申立件数が減っています。ただ、間違っても「景気が回復しつつあるから」という理由ではないと思っています。景気が良くなれば、会社員の給料が飛躍的に上がるのかと言われれば、絶対にそんなことないのですから。

この一覧表には載せれていませんが、任意整理の受任件数が29人(うち3人は、自己破産、個人再生の準備中に過払金を回収)、和解が成立した債権者の数は146件です。

3月の代理権取得に伴って、取引履歴を請求することができるようになりました。「どう考えても破産しかない」と思われる人についても、事前の債権調査によって過払い金を回収し、残債を一括返済することで破産を回避するという方法も、数多く用いてきました。

任意整理は裁判所を通さずに解決するわけですから、我々に掛かる負担は軽くありません。しかし、自己破産を回避した上で、さらに手元に少しでもお金を残してあげることができれば、司法書士冥利に尽きるというものです。

|

« 忘年会 | トップページ | 熱海で感じたこと »

事務所経営論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53075/2396437

この記事へのトラックバック一覧です: 今年を振り返って(2):

« 忘年会 | トップページ | 熱海で感じたこと »