« 仕事を選ぶ権利 | トップページ | 踏み倒す人 »

2004年12月 3日 (金)

仕事を運ぶ人

12月だというのに、ぽかぽか陽気。
絶好のドライブ日和の中、朝から八尾の会社で印鑑をもらって、そのまま登記申請。
気心知れたお客さんの所にだけ行く時は、上着なしのセーター姿で移動です。批判的な目で見られることもあるかもしれませんが、司法書士としての堅い姿を見せるだけがすべてではないと思っています。結果的に、全く関係のない話をして帰れると、仕事以上の収穫を得た気持ちになれます。

その後は、そのまま羽曳野と堺で登記済の回収。
これで、不動産登記の申請件数が、去年の2倍になりました。世の中不思議なもので、7月に新しい事務員を入れてから急に不動産登記の仕事が増えています。

履歴書を見た瞬間、採用を決めた人です。補助者経験もあることから、期待以上のレベルで即戦力になってくれましたが、入所と同時に仕事も運んできてくれたようです。宗教的な考え方をするのは嫌いですが、私自身も過去に「吉田さんが運んできた」と言われたことがありますし、他の先生からも同じような話を聞きますので、どうも偶然ではないような気がします。

|

« 仕事を選ぶ権利 | トップページ | 踏み倒す人 »

司法書士の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事を運ぶ人:

« 仕事を選ぶ権利 | トップページ | 踏み倒す人 »