« 合理的な経営 | トップページ | 気付いたら貧乏人 »

2004年11月29日 (月)

老化のはじまり?

ご無沙汰している行政書士の先生から、はじめてお仕事の紹介をいただきました。
「間違いない人がいるから、とお客さんには言ってあるので」と、お世辞でもそう言ってもらえると大変うれしく思います。

ふと、5年前に行った行政書士の支部旅行を思い出しました。
誰も知っている先生がいない中、支部長に半ば強引に誘っていただき、「とんでもない所に来てしまった・・・」と思ったものですが、いくら自分の免許を使って仕事をしていても、給料をもらっているうちは半人前。雇われでいる間なら、きっと仕事を言って下さることはなかっただろうと思います。

今日は、異常な程に電話が鳴り続けました。
「FAX番号は?」と聞かれて、「072-254・・・」と詰まってしまう自分に、「もう老化がはじまったのか・・・」と情けなくなります。今と同じスピードで仕事ができるのは、何歳位までなんでしょう?

|

« 合理的な経営 | トップページ | 気付いたら貧乏人 »

司法書士の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老化のはじまり?:

« 合理的な経営 | トップページ | 気付いたら貧乏人 »