« 本人訴訟について | トップページ | 老化のはじまり? »

2004年11月28日 (日)

合理的な経営

先週の日曜日から風邪を引き、1週間無理を続けてきましたが、昨日はついにダウン。今日は日曜出勤です。

開業後2年間は、曜日に関係なく一日中働いてきましたが、3人体制になってからやっと日曜日だけ休めるようになりました。「休みもなく働くだけ仕事がある」ということがいいことだと思っていましたが、今にして思うとどうやら勘違いをしていたように思います。

今と2年前とを比べると、毎月の売上レベルは2倍3倍に伸びていますが、労働時間は圧倒的に減っている。ということは、いかに自分が未熟で、時間の使い方が下手で、従業員の使い方が下手だったかを、証明してしまったような感じです。「人件費の節約のため」と思って、限界を超えているはずなのに2人で頑張っていましたが、何と下手くそな経営をしていたのだろうと思います。

体を壊したら何もなりませんので、無理のないよう仕事量を調節しつつ、もちろん利益は追求する。合理的な経営を進めるためには、二人の事務員に頑張ってもらえる環境を作ることが大切です。

|

« 本人訴訟について | トップページ | 老化のはじまり? »

事務所経営論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53075/2091045

この記事へのトラックバック一覧です: 合理的な経営:

« 本人訴訟について | トップページ | 老化のはじまり? »