« 行政書士の業務範囲 | トップページ | それぞれのお客様が広告主 »

2004年10月 2日 (土)

銀行窓口で恐ろしいワナ

改印届けをしようと、都市銀行の窓口に行った時の話です。

言われた書類に必要事項を記入し、印鑑を押した後、「では、こちらにも」と別の用紙を渡されました。よく見ると、カードローンの申込書です。「カードローンはいりませんよ」と断りましたが、行員さんは、「どうしてですか?便利ですよ。」と、申し込みをしないほうがおかしいという態度を示しました。恐ろしいやり方です。

カードを作ればビデオのレンタル料金も10%引。
スーツ代も5%引。
カードで払わなくても、カードを見せるだけで割引します。ポイントがたまります・・・。

カード会社も商売ですから、あの手この手を使って会員集めをします。

私自身、インターネット関係の支払い以外は何でも(不動産はまだですが)現金払い。カードは使いませんし、借金もありません。

お金持ちの人がすべてカードで支払いをするというのはよくある話ですし、「借金も財産」「収入があるなら、借りてでも消費につぎ込め」という考え方もあるようですが、支払いのことを考える必要がなければ、何よりも気持ちにゆとりを持てます。カード会社のワナにはまらないよう、賢い消費者になりましょう。

|

« 行政書士の業務範囲 | トップページ | それぞれのお客様が広告主 »

お金の話」カテゴリの記事