« 司法書士と補助者の分業制 | トップページ | 司法書士試験合格発表の日 »

2004年9月28日 (火)

夜逃げの原因は弁護士さんの言葉

紹介者に連れられて相談に来た人の話を聞いて、驚きました。

弁護士さんに自己破産の依頼をしたにもかかわらず、その先生が怖くて、夜逃げ同然で逃げたということです。

その弁護士さんが発しせられたという具体的な言葉も聞きましたが、相当ひどく非難されたようで、3年間もの間、住民票の住所もそのままに債権者と弁護士から逃げられていました。

「弁護士はみんなそういう人だ」と思い込んだようで、他の弁護士さんに相談することもできないままだったようです。いろいろと話をして、すべての誤解は解きましたが、紹介者がいなければ、恐くて私の事務所に来ることもできなかったでしょう。

私自身、依頼者の話を聞いて怒るようなことはありませんが、「自分の接し方は間違っていないだろうか」と改めて考えさせられる話でした。

|

« 司法書士と補助者の分業制 | トップページ | 司法書士試験合格発表の日 »

司法書士の日常」カテゴリの記事