2017年8月18日 (金)

後見人さんの印鑑を求められるケース

20170818何気に掃除していると、室外機の裏に蜂の巣を発見・・・。

すぐに駆除業者さんを検索しましたが、遠方過ぎるのに「堺市」のキーワードで引っ掛かるようになっている。市外局番が出ていない。明らかにダミーだと思われる女性の写真が載っている。業種は違えど、「こうすれば警戒される」という体験でした。

さて、今日は、金融機関に後見人就任の届け。

新規のご相談は、ご家族のご紹介。相続登記を受任。

午後からは、茨木市役所。
あちこちの部署を、1時間半くらい歩き回りましたが、「被後見人さんの認印がない」ということで、ひとつの書類は出し直し。

「被後見人さんの印鑑を押して」と言われるケース。役所の手続きでは時々ありますが、いちいち抵抗するのも面倒なので、何も言わないことにしています。

夜は祖母のお通夜。
「家族葬」という前提でしたが、親族以外にも多くの方が来て下さって、有難いと共に、家族葬とは何ぞや?と改めて考えるのでした。

|

2017年8月17日 (木)

お葬式代計算のシステム

Dsc_oosakakasai今日から仕事に復帰。

お盆休みで流れが止まっていた分もあり、朝から電話の対応に追われて、急遽書類をお預かりするための外出など。

一方では、祖母が亡くなったので、お約束はひとつキャンセルさせてもらって、お葬式の打ち合わせに外出。

費用は生前に積み立てをしてくれていたので安心…のはずでしたが、お葬式代の計算方法、思ってもいなかったシステム。こういうことも、経験してみないと分からないことなので、本人がどこまで理解して契約していたのか、疑わしいところです。

確定した後見事件は、裁判所に確定証明を取りに行って、各方面の手続きに着手。

明日は、昼間は普通にお仕事しています。

|

2017年8月16日 (水)

幸福の「資本」論

20170816「幸福の資本論」(橘玲著)を読みました。

人がどうやったら幸福に生きていけるのか。
「金融資本」「人的資本」「社会資本」という3つの資本に分けて、考えられています。

「人的資本」とは、仕事。
「社会資本」とは、友達などの人づきあい。

3つの資本の中で、自分がどんなバランスの中にいるのかも含めて、分かりやすい話でした。所々に散りばめられている「地方のマイルドヤンキー」という表現がまた、いいアクセントになっています。

「自由」とは何か。
「幸福度」を増やすにはどうすればいいか。

働くことや、時間とお金に対する考え方とか、なるほどな~という話が続きます。

あとがきに、『この本が、「私に似た」あなたの人生になんらかの役に立てば幸いです』とあり、本の切り口や生き方自体も格好いいな、と思えました。自営業、会社員に主婦の人も含めて、多くの人にお勧めの本です。

|

2017年8月15日 (火)

ベネッセハウス(直島)

201708122今回、直島で宿泊したのは「ベネッセハウス」。
運営するのは、「進研ゼミ」で知られるベネッセホールディングスです。

敷地内にバスが走るほどの広大な土地に、美術館の中にホテルがあるような造り。「ミュージアム」「オーバル」「パーク」「ビーチ」と4つの棟が建っています。

一番安い「パーク」でも、ツイン1室38,016円/2名分。
食事代は別で、朝・夜共に高級ホテル並みの料金。近くに買い込めるようなお店はないので、中で食べるか、バスに乗って食べに出るのかの選択でした。

交通費も別なので、定価で考えると予算オーバー。
そこで、1年前からベネッセホールディングの株を買って、30%引きで泊まれる株主優待券、2泊分(9月確定+3月確定)を手に入れることで実現した旅でした。

プライベートでは、どこかいい宿はないか、離島はないか。それと、株主優待をうまく使って生活できないかと、そんなことを考えて過ごすのが日常です。

|

2017年8月14日 (月)

久米田で見付けた「豚肉屋」さん

20170814休み前に書類が届いていた、商業登記の申請。
郵便受けから取り出した郵便物の処理も含めて、ひとりでやっていると、あちこちに思考が飛んで、なかなか進みません。

そうこうしているうちに書留郵便が届いたので、不動産登記の準備を途中までしてお墓参りに。

久米田で前々から気になっていたとんかつ屋さん、「豚肉屋」に入ると、お客さんがひっきりなしに入ってきて、最後は断っておられた。目立つ場所でも便利な場所でもないのに、ちょっとびっくり。

それだけ美味しかったですが、店で使ったお箸を、「お荷物になりますがお持ち帰り下さい」は面白いです。

事務所に戻って、不動産登記の申請。

事務所はお休みですが、目の前に書類が整うと、次に進めないと落ち着かないというのは、司法書士としての本能的なもの。お客様に早く手続き完了をお知らせしたい、という気持ちもあります。

|

2017年8月13日 (日)

直島~豊島(香川県)

20170813直島を後にして、近くの豊島に移動。
ちょうど小豆島の隣に位置する島で、高速船で20分程です。

豊島も「アート」をテーマとする島に含まれていますが、観光客はぐっと減り、離島感が高まります。

豊島に滞在できるのはわずか1時間半でしたが、地元のお店で昼食を取り、「豊島横尾館」という横尾忠則氏がデザインされた施設に入り、かき氷も食べてからフェリーで宇野に。

他の島に行ったことで逆に、直島の観光客が外国人を含め、一定の属性にいる人だったのではないか、ということを感じました。

宇野駅では、再び1時間待ち。
電車が1時間に1本しかない時刻表を見て、思わず「宇野駅 歴史」などど検索し、昔のことを勉強していました。

今回は、新大阪~岡山までの新幹線も含め、「岡山・倉敷ぐるりんパス こだま号利用限定タイプ」という切符を使いました。大阪市内発着で9,500円とお得。一定の周遊区間内であれば乗り降りが自由なのと、岡山城なんかの施設に出入りができます。

普段なら「とにかく時間」を気にしますが、何本も「のぞみ」に追い抜かれるのも気にならないのも、長期の休暇ならではでした。

|

2017年8月12日 (土)

直島(香川県)2

20170812_2直島の2日目。
移動は、宿のバスと町営のバス(1乗車100円)です。
タクシーは島に1台しかない、のだとか。マイカーで島まで来たとしても、道幅が狭いので、マイカーでの移動は適しません。

普段、奥様から「美術館に」と言われても、全く興味がわかない私ですが、ここはアートの島。「地中美術館」と「李禹煥美術館」に。

「地中美術館」は、自然を景観を損なわないようにと、地下に建物を埋められた、とのこと。

コンクリートの重厚な建物。無駄に広いスペースに、見方によっては「何じゃこれ?」とも思える作品は、普段、理屈で物事を考えることが、限られた視野にいることを気付かせてもらえます。

「家プロジェクト」では、古家を改修して作られたという空間、6つの場所を周ります。わけもわからず、真っ暗な空間に誘導された「南寺」では、暗闇の中に目が慣れると、見えないものが見えてくるという、人の死角を利用した珍しい体験。

道路沿いには何気なく「あき缶アート」。専門のお店もありました。

歩数計は15,606歩。よく歩きました。

|

2017年8月11日 (金)

直島(香川県)

20170811香川県の直島に来ました。

岡山駅から在来線に乗り継いで宇野駅に。
宇野から直島までは、フェリーで20分程でしたが、フェリーの接続が悪くて、岡山駅からの所要時間は2時間程。

しかも、電車の時間、計算を誤っていて、一時間遅れで到着です。

宇野は、瀬戸大橋がかかるまでは、四国と行き来する窓口になっていた場所ですが、昔は不便だったんだろうな~ということが伝わります。

さて、直島は、島全体が「アート」になっている島。
有料の美術館もありますが、島のあちこちに芸術作品(オブジェ)が置かれています。意外な程、アジア系でない外国人も多い。

「芸術」の世界は、普段の自分の生活からは、一番離れた世界にあるものなので、長期の休みならでは時間を過ごさせてもらいます。

|

2017年8月10日 (木)

再び久しぶりのブラックボード

201708101今日の時間指定の予定は、打ち合わせ1件のみ。

明日からお休みということで、「郵便物を待って」「連絡を待って」という案件が複数ありましたが、事務所に来てもらったり、郵便で投函したり、金融機関には書類のお届けをして、夕方にはひと段落。

しかし、その後で書類が届いて、月曜日は登記の申請が入ります。

事務所の前には、久しぶりにブラックボードを出して、「うちわ」を自由に持ち帰ってもらえるように挟みました。

ブラックボード。「週替わりで更新する」と決意した時期もありましたが、単純なことほど続けるのは難しい。

しかし、お金をかけた広告をする前に、単純でお金のかからない広告方法はいろいろとあります。

|

2017年8月 9日 (水)

成年後見・登記・公正証書に借り換えなど

20170809三国ヶ丘周辺のお店が、共同で作成した「ウチワ」。うちの事務所も入れてもらいました。要らんことしいは、無駄になることもあれば、花開くこともあります。

さて、今日は、9時に被保佐人さん宅のご訪問。

事務所に戻って、法務局から登記の完了書類が戻ってくるのを待ってから、12時に東大阪の金融機関。13時に東成区の会社さん訪問で、登記関係書類のお届け。

堺の家裁では、保佐人としての報酬決定の審判書を受領。
特別な事務を行なったのでと、「付加報酬」の申立もしていましたが、基本報酬と付加報酬の内訳が分からないので、どういった評価なのか分かりません。

16時には、堺の公証人役場。
マンションの建物と敷地について、分離処分を可能とする公正証書の認証を受けました。

18時からは、住宅ローン借り換えのご相談。
借り換えのメリットを計算の上、金融機関の担当者に、私から融資の相談を持ち込みます。

|

«「成年後見助成基金」からの決定通知